政策

1、三多摩に外環開通反対

 幅40m、側道も含めて50mの巨大道路、外環道路を三多摩地域に開通させることを反対します。





 


2、三多摩地域にブラック企業新規出店禁止

 三多摩地域に、労働者の命を脅かすブラック企業の新規出店を禁止させるべきです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


3、ブラック企業撲滅させよう

いじめ、パワハラ、セクハラ

など 労働者を苦しめる企業が増えています。労働者をうつや会社恐怖症にさせることは断じて許しません。 
ブラック企業撲滅させましょう。





4、在宅勤務推進企業を増やし離職減退

 出産、育児に伴う離職や介護のよる離職を減退させるため、在宅勤務推進企業を増やすべきです。







5、教育現場に「金融」独自科目導入

 ギャンブル依存症等の問題や経済格差が拡大している現在。公平中立の立場から、金融独自科目を義務教育としている小中学校に週1で導入させるべきです。





6、供託金と政党交付金廃止

 一部の人しか参加できない政治の元凶である、供託金は廃止すべきです。海外ではゼロが当たり前です。国政政党有利の政党交付金制度も廃止すべきです。




7、公共施設100%Wi-Fi化

 情報が進んでいる現代、インターネット接続できる環境は必要不可欠です。地方から率先して公共施設でのIT環境を100%にすべきです。







8、どこでも投票できるよう緩和

 IT化が進んでいる現代、同じ地域であれば、自分が住んでいる住所の投票所関係なしに、どこでも投票できるように緩和すべきです。






9、憲法改悪反対

 憲法96条を先行緩和させ、9条を改悪させることは反対します。








10、消費税複数税率化

 一律に8%、10%と引き上げるのではなく、衣食住など生活品は3%、ブランド品は20%、それ以外は5%と複数税率化にさせるべきです。





11、給付型奨学金拡充

 近年の不景気や雇用悪化のために、奨学金が返済できない人が増えています。これでは、格差は広がり続けます。欧米のように給付型の奨学金を拡充させます。





12、FP資格国家事業化資格化

 中途半端で食べていけない資格として扱われいる、FP資格に法を制定させ、国家事業化資格化にする改革が必要です。国家事業化資格化にさせて、FP資格の地位向上させます。